情報商材をメルマガを使ってアフィリエイトします。メルマガアフィリエイトで月収50万円を目指す方法

メルマガ編

メルマガを発行します。

メルマガは必須なので必ず実施してください。

メルマガの基本的な事は「メルマガの教科書」を読んで理解してください。

 

1.メルマガ配信方法を決める

メルマガを発行する配信スタンドを決めます。

私がメルマガを始めたころは無料で始められる「まぐまぐ」を推奨してました。
理由はブランド力とメールの到達率が良い、それと創刊直後に読者が増えやすいところです。

しかし、最近の「まぐまぐ」にはちょっと不満があります。
私はYahooのアカウントで全ての(独自ドメイン)メールを送受信してるのですが、まぐまぐで配信したメルマガが最近届かなくなりました。

あと、無料だとヘッダーに広告が入りようになりました。
もうひとつは、メールアドレス代理登録が有料になったこと。
(代理登録とは、了承を得たメールアドレスを本人に代わってメルマガに登録することです)

まぐまぐで無料でメルマガを運用するのは厳しい状況になっています。

しかし、まぐまぐの良い点もあります。

まぐまぐはメルマガを発行するのに審査があります。
この審査が結構厳しくて、私は3回落ちたのですが、メルマガの書き方の勉強になりました。
まぐまぐで運用するしないに関わらず、メルマガ創刊にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

まぐまぐで創刊する

 

もう一つ無料で創刊できる「メルマ!」があります。

ただし、代理登録が1件づつなので、ちょっと面倒です。

あと、代理登録した後に、本人が購読の許可をしないと本登録にならないので、読者が増えにくいでしょう。
でも、逆に考ええれば本当に読んでくれる読者を集める事ができると言うことです。
また、メルマガを発行するたびにメルマ!の最近記事に表示されるので、興味を引くタイトルで読者を増やす事も可能です。

メルマ!で創刊する

 

もう一つ無料で創刊できる「インフォマグ」があります。

このメルマガ配信スタンドのメリットは、「無料情報ドットコム」「メルぞう」「Xam」から自動で代理登録ができることです。ただし、手動での代理登録機能が無い為、他の無料レポートスタンドなどで集めたリストを代理登録する事はできません。

「まぐまぐ」の代理登録代が払えない人は、まずは「インフォマグ」から発行し、読者を増やすのは1つの方法だと思います。

インフォマグで創刊する

 

有料の配信スタンドを利用する方法もあります。

有料を使う場合は、ステップメールが使えるところが良いと思います。
ステップメールを使ったマーケティング法も多くあるのでステップメールに挑戦してみるのも良いでしょう。

有料でお勧めするのは
アスメル

ステップメールが無くても良い場合は
アイ・メール

最後に、レンタルサーバーを借りてる人なら
メルマガ配信ソフトを自分のサーバーに設置する方法もあります。

ネットで探すと色々ありますが
自分が使ってるのは「QR」です。

ステップメールも付いてるので使い勝手も良いです。

最終的にどこの配信サイトを使うかはあなた自身で判断してほしいと思いますが
相談ならいくらでも受けますので気軽にメールください。

ちなみに私の場合。

まぐまぐ」「メルマ!」「インフォマグ」「QR」を使ってます。
(最初は1つに絞った方が良いでしょう)

 

 

2.メルマガを書いてみよう

メルマガ配信サイトを決めたら、早速メルマガを書いてみましょう。
「まぐまぐ」の場合は審査があるので、審査用の創刊号を書く必要があります。

まずは、何のメルマガを書くかメルマガのジャンルを決める必要があります。
ジャンルは自分の好きな分野、得意な分野にしてください。
そうしないと長続きしません。
とは言っても何も思いつかない人は「稼ぐ系」でやってみてください。
だんだんと稼げるようになるという事は得意な分野にもなるし好きにもなります。
メルマガを書きながら成長していくのも1つの方法です。


好きな分野や得意な分野が良いと言っても、その分野の情報商材が存在しないのでは意味がありません。
まずはインフォトップにどんな商材を販売してるか確認してみて、これなら行ける!と思った分野で挑戦してみると良いでしょう。

配信するジャンルが決まったら、取り合えず10回配信分の内容(タイトル)を決めてください。

最初はアフィリエイトはしないで、とにかくこちらから情報を発信し読者を増やして行くことが重要です。

  

3.ブログに登録フォームを設置する

メルマガを発行したらブログを開設することをお勧めします。

ブログの使い方の例としては、日々の活動状況やメルマガ・バックナンバーの公開や商材の詳しいレビューや特典の内容を公開するなど、メルマガと連動(メルマガ⇔ブログ)することで更に効果が期待できます。

設置したブログのサイドバーなど目立つ所にメルマガ登録フォームを設置しましょう。

 

4.特定電子メール法

特定電子メール法の施行により、メルマガを使ったアフィリエイトの取り締まりも厳しくなりました。
たとえ、メルマガにアフィリエイトリンクが無くとも、誘導先のブログやサイトにアフィリエイトリンクが有る場合も対象となりますので、お気を付けください。

メルマガアフィリエイトを行う場合は必ず以下の事項をお守りください。

 ①オプトイン方式の導入 登録の許可を得たリストであること。

 ②受信拒否の通知を受けた場合、直ちに送信禁止すること。

 ③メールアドレスの記録を保存すること。

 ④違反者の罰則強化(個人で最高100万ぐらい)

 ⑤発行者の表示義務(発行者の氏名、住所、連絡先(メールアドレスか電話番号))

※メルマガに必ず表示しないといけないのは、氏名と連絡先(メールアドレスか電話番号)です。
住所に関してはリンクのみ記載しリンク先のブログやサイトで公開しても問題ありません。
(住所が検索エンジンに拾われないようにする方法として画像を使う手があります)

 

5.読者を集める

メルマガを発行したら読者を集めなければなりません。

読者を集める方法としては

①有料のリスト(メールアドレス)を購入する。
一番手っ取り早い方法です。
お勧めは無料レポートスタンドで販売しているリスト(メールアドレス)を購入する事です。

②無料レポートを作成する
一番お勧めします。
無料レポートを作成すれば、無料でリスト(メールアドレス)を集められるのはもちろんですが、それ以上に、自分自身のブランドにもなります。大作を1本作る気持ちで作成してみましょう。
いい加減な質の低いレポートは逆に信用を失いかけないので気を気を付けてください。

③無料レポートを紹介する
他人の無料レポートを紹介することでリスト(メールアドレス)を集めることもできますが、ブランディングの意味でも必ず無料レポートをご自身でも発行するようにしてください。
メルマガで定期的に優良な無料レポートを紹介するのも良い方法です。

④相互紹介でメルマガを紹介してもらう
メルマガの相互紹介を募集します。
「まぐまぐ」のメルマガ紹介文の「相互紹介募集」とコメントしておくと、依頼が来る場合があります。逆にそういったメルマガを探して紹介してもらうこともできます。
ご自身のメルマガ発行部数と同じくらいのメルマガを探すのがベストでしょう。

⑤リスト取りページを作成する
メルマガの紹介用ページを作成し魅力的なライティングと無力的な特典を付けてメールアドレスを登録してもらいます。また、独自の無料レポートダウンロードページを作成しダウンロード先のメールアドレスを登録してもらい、その登録してもたったメールアドレスをメルマガに代理登録します。もちろん、メールアドレスの登録時には代理登録される旨をきちんと説明しなければなりません。

※リストとはメルマガに登録して良いと許可を得たメールアドレスの事。
※集めたリスト(メールアドレス)は代理登録といった方法で自分の手でメルマガにメールアドレスを登録する事ができます。もちろん許可を得たメールアドレスです。
 メルマガに登録しても良いよと許可を得たメールアドレスを取得する方法が①②③です。
 ④⑤の場合は購読者自ら登録してもらう方法です。

 

6.無料レポートを作成する

読者を無料で集める最も最適な方法は無料レポートを作ることです。
無料レポートとはどんなものかは無料レポートサイトを見て頂けると分かるかと思います。
お勧めの無料レポートサイト
メルぞう
無料情報ドットコム
Xam
まぐぞう
Info-Zero
スゴワザ
激増
 

 

7.特典を付けて紹介する 

アフィリエイトをする際は特典を付けると効果的です。再配布権付きで手に入れたものでも良いですが、他の人との差別化する意味でも、できる事なら独自の特典をご自身の手で作成すのが一番いいです。
しかも、紹介している商材の補助的なものならベストかもしれませんが、そこまで出来なくとも独自の特典は1つ持っておきたいところです。

※前はメルマガに特典の一覧を書くだけで売れてた時代でしたが、今はブログやサイトでソフトのパッケージイメージで視覚的に見せている人が多いです。パソコン初心者の方で同じように特典を見せるのは難しいので、特典の見せ方は徐々に改善するとして、まずはメルマガに【購読者特典】として一覧で記載すると良いでしょう。(あれ?黒獅子は特典付けてないじゃん。って思いますよね。昔は100個ぐらい特典付けてましたが、今は、付けてません。と言いますか、アフィリエイトしてません(^_^;)
でもいつ再開するかはわかりません。特典付けたらアフィリエイトなんだと判断して頂いて結構です。

と、特典に困っているのなら「情報商材でいってみよう」購読者限定で再配布権付の特典をプレゼントしますのでご連絡ください。